MyHomeplusタイトル マネーシミュレーション
ホーム家づくりの依頼先家づくりのマネー家づくりのプランニングハウス&プロダクトカタログマンション選択ガイドマイホームプラスおすすめ本
一言コメント
マイホームプラスクラブ

「広告」を読み込むテクニックを身につけよう

マンション選択の入口となるのがチラシなどの「広告」です。より早く希望のマンションを見つけるためにも、広告の見方や、書かれている項目の意味を理解しておきましょう。


1.広告の種類を知っておこう

go

新築マンションの広告には「販売広告」のほかに「予告広告」や「シリーズ広告」があります。その特徴を知っておくことも情報収集の能率アップにつながります。


2.チラシはどこをみたらよいか

go

情報がつまったチラシ広告はどのように見ていけばよいのでしょう?何が載っているのか理解して、要領よく見ていきましょう。


3.平面図で間取りの基本をチェック

go

チラシ広告で誰でも必ずチェックするのが住戸の間取り図(平面図)です。「田の字プラン」というもっとも一般的な形を知っていると、たいていの間取りはそのバリエーションだということがわかります。田の字プランの基本的な形と、平面図を見るときの注意点をあげたので、参考にして下さい。


4.所在地、交通や面積表示の内容チェック

go

物件概要の所在地の表記は、一般的に使われるものとは違っています。また、「駅まで徒歩10分」「新宿駅まで電車で15分」という交通表記や「80平方メートルでひろびろ面積」といった表現については、自分で確認することが必要です。


5.敷地に関する「容積率」「建ぺい率」、環境に関わる「用途地域」

go

言葉はむずかしいのですが、マンションの住み心地を左右する大切な用語です。しっかり理解して、自分はどんな雰囲気の地域に住みたいのか考えましょう。


6.駐車場は何台、料金はいくら?

go

駐車場は、居住後にトラブルをまねきやすい項目です。台数や駐車方式、料金などを把握しておきましょう


7.「不動産会社」情報も知っておこう

go

広告に記されている不動産会社の名前のそばには、小さな文字がたくさん並んでいます。これらは、会社情報を与えてくれる大切な手がかりの一つです。



これだけは見ておこう![広告]から読み取るチェックシート

広告を見るときのおもなチェック項目をあげました。興味のある物件は、詳しい資料やパンフレットなどを入手しておきましょう。




Copyright(C)2000-2012 X-Knowledge Co.,Ltd. All right reserved.